フレーバーストーン 揚げ物 危険

フレーバーストーンで揚げ物を作るのは危険なのか?

自宅で揚げ物を作るとき、フライパンを使って揚げ物を作るという家庭も最近では増えてきているようです。

 

フライパンで揚げ物を作る場合、油の量は少量で済むので経済的ですし、油を使う量が少ないので後片付けも比較的簡単で凝固剤を使わなくてもキッチンペーパーを使って油を吸いとって処理することもできます。

 

なので、一人暮らしをしている方やパートナーと2人で過ごしているという家庭では作る量も少ないからフライパンで揚げ物を作るという家庭が増えてきているのですね。

 

 

もちろん、フレーバーストーンで揚げ物を作るということも可能なので、フレーバーストーンのフライパンを使っている方の中にはそのまま揚げ物用としても使おうと思っている方もいるかもしれません。

 

けれども、フライパンで揚げ物を作るのはデメリットもあります。

 

 

例えば、火傷などの事故が起きやすいということが挙げられます。

 

フライパンは底が浅いので、油がはねたりした時に火傷したりする危険性が高まるのですね。また、取っ手が付いているものが多いのでエプロンや洋服が引っかかってしまい、フライパンをひっくり返してしまうということもあり得るので危険なところはあります。

 

 

フレーバーストーンもディープパンであれば底は深いですが、取っ手は外せませんし、ダイヤモンドエディションであれば取っ手は外せますが底が浅いのでやはり危険はありますね。

 

 

そして、フライパンで揚げ物を作るということに関して言うともう一つ別のデメリットも存在します。

 

それはコーティングがはがれてしまうということ。

 

加工されたフライパンは繰り返し揚げ物を作っていると、そのコーティングがはがれやすくなってしまいます。

 

フレーバーストーンは表面がコーティングされていますから、揚げ物を作るのには向いていません。

 

どうしてもフライパンで揚げ物を作りたい場合は鉄のフライパンを使った方がいいでしょう。

 

 

以上のことから、もしフレーバーストーンで揚げ物を作りたいと思っているのなら正直に言っておすすめはできません。

 

「フライパンは消耗品」と割り切っているのなら使ってみるのもいいかもしれませんが、せっかく耐久性が高くて長く愛用することができるフライパンという特長があるフレーバーストーンを使うのであれば、揚げ物を作るときに使用するのはやめた方がいいですよ。

 

 

もし、「どうしても揚げ物を自宅で食べたい!」と思っているのなら、別の方法もあるのでそちらを活用してみるのもいいかもしれません。

どうしても自宅で揚げ物が食べたい方必見!

フレーバーストーンで揚げ物を作るのはおすすめできませんが、どうしても自宅で揚げ物を食べたいと思っているのなら、一つおすすめしたいキッチンアイテムがあります。

 

それはパワーマジックフライヤーという商品。

 

 

パワーマジックフライヤーはフレーバーストーンと同じ販売元となっている、ダイレクトテレショップから販売されている商品なのですが、実はこの商品『油を使わないで揚げ物が食べられる』キッチンアイテムとなっているのですね。

 

食材に含まれている油を利用することで揚げ物を作ることができるのですが、余分な油を使わないのでヘルシーに食べることができますし、タイマーをセットしてスタートすればその場から離れても大丈夫なので、火傷や火事が起きる心配もありません。

 

安全に揚げ物を作ることができるのですよ。

 

 

また、一番大事な味に関してもしっかりとしていて、ジューシーな食べ心地で美味しいです。

 

 

フライパンで揚げると後片付けの手間が少し楽になりますが、パワーマジックフライヤーはもっと楽になりますし、面倒な油の処理は必要ありません。

 

 

しかも、パワーマジックフライヤーを使うと揚げ物はもちろん、ケーキが作れたり、買ってきたお惣菜を揚げ直したりすることができるので、レシピの幅がグッと広がります。

 

ただ揚げ物が作れるだけのアイテムではないので、活躍してくれる場面がたくさんありますよ。

 

 

もし自宅で揚げ物を食べたいと思っているのならぜひパワーマジックフライヤーを使ってみてください。

 

もしかしたらフレーバーストーンよりも重宝するキッチンアイテムになるかもしれません。

 

>>パワーマジックフライヤーで自宅でも揚げ物を食べてみる! パワーマジックフライヤー公式通販サイト

page top