フレーバーストーンダイヤモンドエディション スクエア型

フレーバーストーンダイヤモンドエディションはスクエア型で超便利!

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの特長はいろいろあるけど、一番の特長としてはそのスクエア型をした形だよね。丸い形をしたフライパンが一般的な中でどうしてスクエア型を採用したのか。その理由は「一度に作れる量が増える」などメリットがあるからというのが理由の一つとして挙げられるでしょう。

 

スクエア型になると隅にスペースが生まれるのでその分一度に作れる量が増えるということが言えるんだね。また、スクエア型になったことでいい意味でフライパンっぽさがなくなって、見た目にもおしゃれな調理器具という感じが出るのも魅力の一つ。

 

フライパンのまま食卓に並べることができるから食卓に熱々の料理を出すこともできるし、おしゃれなお皿という使い方もできてインスタ映えもするよね。もちろん、キッチンで料理を作っているときもおしゃれなフライパンでできると気分が高まるし、もっと言えば使っていないときでもおしゃれなキッチン用品があることはインテリアとしても活躍してくれる。

 

丸い形から四角いスクエア型に形を変えるだけでガラッと印象が変わるのはフレーバーストーンダイヤモンドエディションならではの特長だと言えるね。

 

それに、スクエア型になってフレーバーストーンがより便利な仕様に変わったのもいいところ。

 

これまで発売されてきたフレーバーストーンシリーズと今回発売された新モデルのダイヤモンドエディションで大きく変わったところとしては取っ手が外せるようになったということだよね。取っ手が外せるから食卓にそのまま並べても邪魔になることはないし、洗い物をするときも他のお皿を洗うときみたいに洗いやすさがあるよ。

 

もちろん収納するときも取っ手が邪魔になるということがないから余分なスペースを確保することはない。キッチンの収納が狭い家庭でも問題なし。

 

ダイヤモンドエディションはただスクエア型になっただけじゃなくて従来シリーズの改善点として挙げられていた取っ手がとれるようになってほしいなどの要望を叶えてくれる。だからかなり便利になったし満足度もこれまでのシリーズよりも高くなっているわけだね。

 

もともと食材がくっつかない焦げ付かないっていうのがウリだったフレーバーストーンシリーズだし、その性能の高さは引き継ぎつつも仕様が変わったから悪いところをうまく改善できているんだね。

 

フライパンの一つの完成形と呼べるものになったからいいフライパンで料理したい人はぜひ使ってみてほしい。

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションの特長をもっと詳しく見てみる!

page top