油のいらない フライパン

油のいらないフライパンはすぐ焦げ付くの?

健康志向から最近では調理する時になるべく油を摂取しないようにするために油をひかないで調理をする方が増えています。けれども、油をひかないフライパンを使用するとすぐに焦げ付くようになるとも言われているのはご存知ですか?

 

特に焦げ付きにくいとされているフッ素樹脂加工されているフライパンは油のいらないフライパンという認識があって、「このフライパンはフッ素樹脂加工されているから油をひかなくても大丈夫」と思っている方は意外と多いでしょう。

 

フッ素樹脂加工されているフライパンを実際に使ってみると、油をひかなくても焦げ付いたり、食材がくっついたりすることはありませんので「やっぱり大丈夫!」と思うかもしれませんが、それは最初だけです。

 

使っていくうちにだんだんと焦げ付きや食材がくっつくという経験をしていくことになるので、油のいらないフライパンと言われているフッ素樹脂加工のフライパンは、残念ながらすぐに焦げ付くようになってしまいますよ。

 

すぐに焦げ付くようになってしまうのは油をひかないことでフライパンの中が空焚き状態になってしまうためで、空焚き状態だと温度が急激に高まってしまうために加工がはがれやすくなってしまうためと言われています。

 

一度剥がれてしまったコーティングは基本的には元には戻らないので、一度手入れを失敗してしまうとどんどん焦げ付きやすいフライパンになってしまいます。

 

なので、油のいらないフライパンと言われているフッ素樹脂加工のフライパンですが、調理するときには必ず油をひいてから調理するようにしましょう。

油を使いたくない方の強い味方になってくれるフライパン

一般的に販売されていて手軽に購入できるフッ素樹脂加工のフライパンは油をひかないと空焚き状態にと同じになってしまい、急激な温度上昇によって加工がはがれてしまう、そしてはがれた加工はもう元には戻らないということなので、油をひいてから調理するのがマストとなるということがわかりました。

 

けれども、油を十分に使ってしまうと油を摂取することになるので、健康志向の方にとってはできれば避けたいところではありますよね。

 

そこで油のいらないフライパンとして注目されているのがこのサイトでも紹介しているフレーバーストーンです。

 

フレーバーストーンはフッ素樹脂加工ではなく、ノンスティックコーティング加工がされているフライパンとなっています。

 

ノンスティックコーティングとは処理剤の性能と表面形状によってフッ素樹脂やシリコンゴムでも対応できないような強力な粘着物でも付着を解消できる優れた非粘着性という特性があります。

 

また、耐摩耗性にも優れているのでフッ素樹脂加工のフライパンと比べ物にならないくらいの耐久性があるのですね。

 

フレーバーストーンはそのノンスティックコーティングをトップとベースでそれぞれ3層、合計で6層にもコーティングをしているので油を使わなくても焦げ付く心配がなく、コーティングがはがれる心配も少なくなるので耐久性も高くなっています。

 

だから油のいらないフライパンとしてフレーバーストーンは人気を獲得しているのですね。

 

もし健康に気を遣っていて油を極力使用したくないと思っているのなら、フレーバーストーンシリーズを使うことをおすすめします。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションなら取っ手が外せて機能性や収納力も高いですから料理を作るときのストレスがかなり軽減されますよ。

page top