フライパン 卵焼き くっつく

フライパンに卵焼きがくっつく時の対策

朝ご飯やお弁当のおかずとして人気の卵焼き。簡単に作れるし、失敗することもほとんどないから定番のおかずとなっていますよね。

 

そんな卵焼きですが、フライパンにくっついてしまって気軽に作れなくなってしまうってことがありませんか?

 

ひっくり返そうにも卵がフライパンにくっついてしまってうまく巻き込めなかったり、イライラしてきたり、気軽に作れるはずが実際は全然そんなことがなくなってしまうと卵焼きを作るメリットがなくなってしまいますよね。

 

そんな卵焼きを作るときにフライパンにくっつかないようにする対策方法ですが、基本的なこととしてまずはフライパンをしっかり温めることが大事。

 

フライパン全体ををしっかりと温めることで焼きムラがなくなるので卵全体に均一に火が通ります。均一に火が通るとひっくり返しやすくなりますから、一部がくっついてしまってイライラするということはなくなっていきます。

 

また、油を満遍なく引くことも大事なポイント。

 

油をしっかりと引くことでフライパンと卵との隙間にコーティングができるのでくっつきにくくなります。ですので、基本的なことですが、フライパンをしっかりと温める、油を引いてコーティングを作るということが卵焼きをくっつかせないポイントになりますよ。

フライパンを買い替える必要があるかも

基本的にはフライパンを温めて、油を引いて料理を作れば、卵焼きに限らず他の料理を作るときも食材がくっつくことはありません。

 

それにも関わらず食材がくっついてしまうのなら、それはフライパンの買い替えの合図と言えるでしょう。

 

お手入れが大変な鉄のフライパンよりもテフロン加工されているフライパンを使っている方が一般家庭では多いと思いますが、テフロン加工がされているということはその時点でくっつきにくいフライパンという工夫はされています。

 

それでも食材がくっついてしまうということはコーティングがはがれてしまって、その役割を十分に果たしていないということが言えますから買い替えを検討するのも一つの手段ですよ。

 

スーパーで手に入るような安価なフライパンだとコーティングも2重構造程度になっていることがありますが、2重構造では料理をする頻度にもよりますが半年も持たないでダメになってしまうでしょう。

 

だとするのなら3重、4重、5重と何層にもコーティングされているしっかりとしたフライパンを一つ買って長く使えるようなものを使った方が経済的ですし、朝の忙しい時間帯でもくっついてイライラすることはなくなります。

 

いいフライパンは使ってみるとわかりますが、やっぱり違いますし、正直少しお金がかかってもいいものを使っていた方が確実に生活は豊かになりますから、卵焼きを作るとくっついてしまうと感じているのなら、いいフライパンに買い替えることをおすすめします。

 

このサイトでも紹介しているフレーバーストーンシリーズのフライパンはフライパンの中ではトップレベルのクオリティを持っていますし、フレーバーストーンダイヤモンドエディションはスクエア型をしているので調理もしやすいですよ。

 

一度いいフライパンを使ってみてください。きっと食材がくっつくイライラを解消できるはずです!

page top